スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックリ!!

「人面土器」見つかる!島根県の築山遺跡


島根県出雲市の築山遺跡で見つかった人面付き土器片

 縄文時代晩期から弥生時代前期ごろ(2800年~2500年前)の目、鼻をくっきりさせた人面付き土器片が島根県出雲市の築山遺跡で見つかり、22日、同市文化財課が発表した。同様の土器は東日本での出土例は多いが、西日本ではまれ。弥生時代の黎明(れいめい)期、出雲地方が東日本と交流していたことを裏付ける貴重な史料という。
 出土した土器片は、縦、横とも約4センチ。形から器の縁に取り付けたと推測され、特徴ある鼻筋と鼻孔で顔面を表現している。同遺跡の深さ約1・5メートルから出土。同様の土器は栃木、茨城県などの再葬墓の共同墓地から出土しており、出雲地方ではこれまで2例が見つかっている。
 山田康弘・島根大准教授(考古学)は「稲作を中心に弥生文化は九州から東へ伝わったとされるが、東西交流で東日本からも影響を受けていたことが分かる。祖霊崇拝の原形と考えられる」としている。


人面土器とはなにごとじゃー!!??

昔の人は、面白い感性をしていますね
頭が柔らかいというか、、

なつ子も見習いたいです!!

人面土器製作
スポンサーサイト

テーマ : (´Д`)どンだけー(・Д・) - ジャンル : ブログ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人面土器 2007/09/23~10/23

人面土器についての最近の情報です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。